アコムのむじんくんを使わなくても良い場合が?

お急ぎで申し込みの方はこちら アコム公式ホームページ

アコムのむじんくんによる申し込みは、とても便利です。他手段と比べて、比較的スピーディーにカード発行が可能だからです。自宅近所にむじんくんのブースがあるなら、それで申し込みを行うと良いでしょう。

ただ人によっては、ちょっと急いでいる事があります。何か個人的な事情があり、数十分でも早く融資を受けたい事もあるでしょう。そういう時には、むじんくんで契約を行う前に、Webを活用すると良いのです。

そもそもアコムの申し込み手段は、何もむじんくんだけではありません。その他に、WEBでも申し込みは受け付けているのです。それをむじんくんと組み合わせる事により、かなりスピーディーになる傾向があります。

もちろん最終的には、むじんくんのブースに訪問してカードは受け取ることになるのです。しかし訪問前に、まずはWEB申し込みを済ませておくと良いのです。というのもWEBで申し込みをすると、アコムに対して申し込みに関する詳細データが送信されます。その際には、もちろん審査が行われる訳です。

そして審査が行われている間に、むじんくんに訪問すると良いでしょう。移動している間に審査が行われますから、とても効率的です。それに加えてアコムに電話をしておくと、更にスピーディーに融資を受けられる事もあります。

アコムのむじんくんでお金を借りる流れとは?

アコムには、むじんくんという無人契約機があります。急ぎで借りたい時などは、とても便利なのです。

その流れですが、まず1段階目は申し込み用紙を記載する事になります。むじんくんのブース内には、必ず申込書がセットされているのです。それに個人データなどを記載する訳です。その書類を機械に読み込ませる訳ですが、同時に身分証なども読み込みをする事になります。

第2段階は、オペレーターに対する電話です。ブースには電話も設置されていますから、それでアコムの担当者と話をして、更に詳細な個人データを伝達する事になります。

第3段階は、アコムによる在籍確認です。やはりお勤め先の情報は隔日に確認する必要があるので、アコムからお勤め先には電話は行きます。ただし在籍確認時には、アコムの社名が出る事は基本ありません。担当者の個人名になります。

第4段階は、アコムからの電話連絡です。上記のような流れで審査が行われますが、その際に電話で結果が通知される訳です。そしてアコムでは、むじんくんでそのままカードが発行される事になります。

後はそのカードを用いて、融資を行うという流れになるのです。全体的な所要時間は40分程度が目安になりますが、在籍確認で担当者不在の時などは、多少は時間を要する事もあります。

 

アコムの『むじんくん』はどのくらいあるの?

 

アコムといえば、三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。そのアコムの自動契約機が「むじんくん」です。全国に約1,000件設置されており、アコムの店舗窓口と同様に借入の申し込み・審査・契約・アコムカードの発行まですることが可能です。申し込みについても店舗窓口同様に本人確認書類と場合により収入の証明書が必要となります。

店舗の窓口は平日18時までですが、「むじんくん」でしたら年中22時まで営業していますので、窓口が営業をしていない土日・祝日や夜間などに手続きをしたいときなどとても重宝します。

また、借入の申し込み・審査・契約はインターネットでも可能なのですが、どうしてもアコムカードは自宅に郵送されてくることで家族に内緒の借り入れなどの場合はちょっと困ってしまいますが、「むじんくん」の場合は、その場でアコムカードが発行されるので、その点も大きなメリットといえます。

今はインターネットで申し込みから審査までをして、その後むじんくんへ出向き契約・アコムカードの発行をするなど便利に使えるようになってきていて、時間短縮もできます。

そのあとは、発行されたアコムカードを使って、全国のアコムATMや提携ATMで借入をすることができます。

コメントは受け付けていません。